TREND-CORE(トレンドコア)

CIM コミュニケーションシステム TREND-CORE(トレンドコア)
3Dモデルの活用

実績と計画の土量を比較できる土量シミュレーション機能

現況と計画モデルから、メッシュ法による土量計算が行えます。
結果は計算根拠と共にCSVファイルとして出力可能です。
また、【TREND-POINT】から出力されたメッシュ土量計算データを読み込むことも可能なため、実績と計画の土量を比較検討することができます。

TREND-POINT

盛土/切土オブジェクト

法面・道路などの計画モデルと地形情報モデルから盛土・切土オブジェクトの自動生成が可能です。 盛土オブジェクトでは、指定したまき出し厚による段階的な施工モデルを簡単に再現できます。各段階や全体の土量算出にも対応しています。

盛土/切土オブジェクト

3D設計データの作成

ICT施工や計画土量算出、面的出来形管理などで利用する3次元設計データの作成が行えます。
発注図書(平面図及び縦横断図)をもとにデータ入力を行い、 数値入力情報を比較する設計照査にも対応しています。

3D設計データの作成

3Dモデルを使った現場シミュレーション・情報共有
豊富な土木専用部品

バックホウ・ダンプトラックの一般的な重機や足場等の仮設材から、1フィニッシャー・杭打ち機・台船等の特殊な重機までも含めて、今すぐ使える土木施工専用の3D部品(約2,000点)を標準搭載しています。Trimble SketchUP™のデータをインポートして利用することも可能です。

3Dモデルを使った現場シミュレーション・情報共有 豊富な土木専用部品

重機可動範囲や危険箇所を"見える化“

配置した重機モデルの性能に沿った可動範囲を鳥かごのような表現で“見える化”。
重機の配置計画に利用できます。また、電柱や電線・架線からの安全離隔距離も容易にモデル化できるため、視覚的に危険箇所の把握ができ、施工計画検討や安全管理に役立ちます。

重機可動範囲や危険箇所を見える化

3Dモデルへの寸法表現

3Dモデルに寸法線や引出線を配置・表現することができ、施工指示書や協議資料などで利用することができます。

3Dモデルへの寸法表現

写真配置で、現地状況をよりわかりやすく

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した位置情報付き写真を3Dモデルに自動配置。
さらに、現場端末システム【TREND-FIELD】を使えば、図面上で位置を指定して写真撮影できるため、 誤差のない正確な撮影箇所に写真を自動配置可能です。
3Dモデル上に写真を配置することで、現地状況をよりわかりやすく、的確に伝えることができます。

写真配置で、現地状況をよりわかりやすく
施工現場を3D化

発注図を利用したモデリング

発注図を取り込み、下図として3Dモデル作成に利用することができます。
横断図も下図として、モデルの入力編集に利用することが可能です。
横断図を参照し、形状をマウス指定することで、自動的に線形に沿って道路や側溝、法面などが配置できます。

発注図を利用したモデリング

任意断面での確認機能

簡易断面でモデルをスライスした横断表現を見ながら、現況と法面の摺り合わせを確認・編集できます。埋設物などの位置も確認することができます。

任意断面での確認機能

高品質なレンダリング

3Dモデルの高品質なレンダリングイメージ作成が可能です。

高品質なレンダリング