TREND-CORE(トレンドコア)

CIM コミュニケーションシステム TREND-CORE(トレンドコア)
3Dモデルの活用

土量シミュレーション機能

現況と計画モデルから、メッシュ法による土量計算が行えます。
計算結果は計算根拠と共にCSVファイルとして出力可能です。
また、【TREND-POINT】から出力されたメッシュ土量計算データを読み込むことも可能なため、実績と計画の土量を比較検討することができます。

土量シミュレーション機能使用イメージ

3Dモデルと横断図の重ね合わせ表示

3Dモデルと横断図を重ね合わせて同時に表示することができます。
視覚的にモデルの照査を行うことで、施工の“見える化“の幅を広げ、現場の手戻りを削減することが可能です。

3Dモデルと横断図の重ね合わせ表示使用イメージ

盛土/切土オブジェクト

法面・道路などの計画モデルと地形情報モデルから盛土・切土オブジェクトの自動生成が可能です。
盛土オブジェクトでは、指定したまき出し厚による段階的な施工モデルを簡単に再現できます。
各段階や全体の土量算出にも対応しています。

盛土/切土オブジェクト使用イメージ
施工現場を3D化

簡易道路モデル作成機能

マウスで指定した変化点の高さを指定して、線形を入力します。
地形が入力されていれば、地形高さを参照します。路線SIMAの取り込みや縦断曲線の編集も可能です。また、既に登録された線形データや道路等のデータを参照することで、側溝・ガードレール・法面などの道路に沿ったモデルを1クリックで適切な位置に入力することができます。

簡易道路モデル作成機能使用イメージ

任意断面での確認機能

簡易断面でモデルをスライスした横断表現を見ながら、現況と法面の摺り合わせを確認・編集できます。埋設物などの位置も確認することができます。

任意断面での確認機能使用イメージ

高品質なレンダリング

3Dモデルの高品質なレンダリングイメージ作成が可能です。

高品質なレンダリング使用イメージ

豊富な土木専用部品

今すぐ使える土木施工専用の3D部品(建機を中心に200点以上)を標準搭載しています。
また、Trimble SketchUPTMのデータをインポートして利用することが可能です。

豊富な土木専用部品使用イメージ

2次元では伝えきれなかった情報を的確に伝える

3D部品を活用することで、現場に即した施工計画が立てられ、作業指示やスムーズな設計変更に対応できます。また、地元説明でも視覚的にわかりやすい資料で、工事への理解・協力も得やすくなります。

2次元では伝えきれなかった情報を的確に伝えるイメージ
ex-trend 武蔵