Code:
GX111

GX111 ポータブルガスモニター

関連カテゴリ:
計測器②
安全確認

レンタル

理研計器製

有害ガスの濃度を測定します
①電源を入れると自動校正を行います
②測定する場合は、酸素がありガスが発生していない場所で電源を入れ、自動校正が終わったことを確認後に測定場所にガス採集器を投げ込みます(ガスが発生している場所で自動校正を行うとその値を基準にして測定してしまいます)

【参考事項】
必ず測定するガスの種類を確認すること
労働安全衛生法(第2種酸素欠乏症等硫化水素中毒防止規則)
①安全確認作業による酸素濃度測定、硫化水素濃度測定は原則として危険作業主任認定者が行う
②測定記録を付ける